ビナリスのやせ菌・デブ菌とは?

やせ菌とはビフィズス菌など痩せた人に多い腸内細菌のことを指します。





そもそも腸内の最近は、1000種類以上でかつ1000兆個以上存在するといわれています。


そんな数多い細菌ですが、痩せた人と、太った人の細菌をしらべると痩せた人に多い細菌と、太った人に多い細菌があることがわかりました。


このことから、痩せ方の人に多い細菌を『やせ菌』とよび、太った人に多い細菌を『デブ菌』と呼んでいます。


実際ワシントン大学の研究で、痩せたマウスに太ったマウスの『デブ菌』を移植したところ痩せたマウスが太ってしまったという実験結果もあります。





痩せたマウスからすると『とんだお世話!』って感じですけど、要は『デブ菌』が少ないほうが痩せるということです。


ちなみに、やせ菌は食物繊維を分解して発酵させる過程で『短鎖脂肪酸』という酸をうみだします。


この短鎖脂肪酸がエネルギー消費に活躍するので、痩せるのです。


ちなみにこのやせ菌が大好きなのが食物繊維。


代表的な食物繊維は次のようなものになります。


穀類


大麦、オート麦

野菜類


オクラ、ゴボウ、モロヘイヤ

海藻類


わかめ、昆布、ヒジキ

果物類


アボカド、キウイ


アボカドは最近ではこうしたこともあり、人気があるのか回転すしにいってもアボカドの入ったお寿司がありますね♪


アボカドはアンチエイジングに効果的なビタミンEや脂肪の燃焼をサポートしてくれるビタミンB2も入っていますからその点でも食べておきたい食物繊維です!



↓↓アボカドを食べながらやせ菌をもっと増してみる?↓↓

※公式サイトで初回500円キャンペーン中♪




 

 

サイトマップ